なぜ注射だけでエラが縮むのか、その優れた仕組みと注目を集める理由を紹介

もう顔の大きさで悩まない

女性

先ずは改善プロセスと注目ポイントを知ろう

施術直後でも普段通りの生活ができるなど、仕事にも支障が出にくいことから、小顔になりたい人々の間でボトックス注射がブームになっています。注射だけでエラが縮むのはボトックスの働きがあってこそですが、実際に顔を小さくするのは自然現象によるものです。基本的に小顔へ至るには2つのプロセスを踏むようになっており、全ては美容整形外科でボトックスを打ってもらうことから始まります。また、この小顔施術が有効なのはエラの角張りを改善することなので、クリニックではその原因である咀嚼筋に対し、散りばめるように数か所注射するのが基本です。すると、ボトックスが咀嚼筋を動かさないように働き掛け、奥歯の噛む力をソフトにします。具体的にはアセチルコリンの活動を妨害して、脳から咀嚼筋へ送られる動作命令の流れを止めるといった仕組みです。これにより脳からの指令が届かなくなるので、注射を打った咀嚼筋に力が入ることはありません。そして、薬の働きはここまでですが、次のステップでエラが小さくなっていきます。力を入れずに使わなくなった筋肉は廃用性萎縮効果と言われる原理で徐々に縮んでいき、これがエラの角張りを改善する直接的なプロセスです。つまり、最終的にエラを小さくするのは自然現象なので、この整形治療では自然な印象で小顔になれる仕組みとなっています。

プチ整形なのでボトックスの小顔注射には永久的な改善効果がなく、薬の効き目が終われば小顔も徐々に終了する一過性の治療です。一見するとデメリットに感じますが、これはボトックスの人気を支える注目ポイントの1つになっています。例えば美容整形を受ける場合、治療結果が気に入らなかったらどうしよう、副作用が出たらどうしよう、といった具合に何かと心配ごとが頭をよぎるかもしれません。ですが効果が一時的なら、万一治療結果が気に入らなくても、時間が過ぎれば嫌でも勝手に元へ戻り始めるのです。同様に副作用も薬の効果が切れればそれまでですから、この点に関しても大きな安心感を得られます。とくにこれは初めて美容整形を行う人にとってありがたい魅力であり、美容治療を一段と身近なものにしてくれる要素です。しかしながら、完全に一過性の治療なのかと言えばそうでもなく、長期的な効果を狙えることもボトックスの小顔治療が注目を集めている理由になっています。それを実現する方法が連続治療であり、薬が切れる頃合いに再注入を何度か繰り返すことで、以降は中断しても小顔を長期的に保てるとされているのです。すなわち、一過性と長期効果の両方に対応し、どちらを選ぶも利用者次第といった自由度の高さでも脚光を浴びています。

負担の小さい整形手術

カウンセリング 小顔にできるボトックスは効果的な治療法で人気が高いですが、実際に受ける場合は医師の実績などを確認すべきです。注射で受けられる施術ですが費用が高くなる場合もあるため、そのような時は適切な対応をしなければいけません。

詳しく見る

表情筋注射後の留意点

注射を打つ人 ボトックス効果のある注射は、注入するだけでしわやえらの改善になります。そして、はりのある小顔を実現することができます。ですが、事前の相談と事後の過ごし方を誤らないようにすることが重要です。静かに効果を待てば、こんなに安全な整形はありません。

詳しく見る

美容クリニックの選び方

注射を打つ人 小顔ボトックスは意外と難しい施術なので、ベテランの医師が在籍する信頼できるクリニックを比較サイトなどを活用して探しましょう。ボトックスの効果で優れている点は体への影響の少なさなので、効果がわかりにくくても医師の言うことをよく聞くべきです。

詳しく見る

顔を小さくする方法

医者 ボトックスを咬筋に注入することによって小顔効果が実現します。注射器タイプの器具でエラ部分に注入するだけで施術が完了する手軽さが人気の理由です。繰り返し注入することによって定着率を上げることができます。

詳しく見る

Copyright© 2019 なぜ注射だけでエラが縮むのか、その優れた仕組みと注目を集める理由を紹介 All Rights Reserved.